Please reload

最新記事

〜薬膳についての12のこと #10

今回はおなかのおはなしです。

#08の充電池のたとえでおはなししたように、ひとは生まれた後、

食べ物や呼吸からからだを支えるエネルギー(後天の精)をつくります。

おなかは食べ物を消化して栄養を作り出す源(後天の本)。

おなかが元気にはたらかなければ、

どんなにからだに合った良...

食べることとからだの関係(3) おなか、元気ですか?

December 10, 2017

1/3
Please reload

特集記事

からだと病のしくみ(3) 今のあなたに「ちょうどよい」を大切に 〜薬膳についての12のこと#07

December 3, 2017

からだと病のしくみ(3) 今のあなたに「ちょうどよい」を大切に

〜薬膳についての12のこと #07

 

ちょっとかたい話がつづいてきたので、

もう少し身近なところからお話ししていきますね。

 

そもそも健康ってどういう状態のことでしょう?

病気やケガをしていない、疲れても寝たら回復する、

食欲があってお通じがよい、からだが丈夫で病気になりにくい、

こころが安定していて前向き、ぐっすり眠れる、

などいろいろな状態が思い浮かびますね。

 

中医学や薬膳が考える「健康」はひと言で言うと、

「過不足なくバランスがとれている」状態のこと。

そのバランスをとるための対処法はいたってシンプル、

 

・必要なものが足りていない場合は補う(補虚)

・不必要なものがあるとき、必要なものでも過剰にある場合は取り除く(瀉実)

 

この「補・瀉・調」という考え方が基本にあります。

 

これは薬膳なんて知らなくてもけっこうやっていますよね。

何かの栄養が足りていないなと思えばサプリメントを摂ってみたり、

食べ過ぎた、体重が増えたと思えばダイエットやデトックスをしてみたり。

 

でも、肝心のその「バランスがとれている」というのが

どういうことなのかがよくわからない、と思いませんか?

 

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」では

健康を維持するために一日に必要な栄養素とその適正量が定められていたりしますが、

人間のからだは工業製品ではなく、皆ちがいます。

必要な量が他の人と同じとは限りませんし、同じ人でも季節や環境によっても多少変動します。

 

この「ちょうどよいバランスは常に変動する」という考えは「動態平衡」といって、

中医学ではからだのしくみを理解し、治療をする上でもけっして外せない、とても大事な視点です。

 

ちょうどよいバランスが状況によって変わる例を、2つ見てみましょう。

 

スマートフォンの画面の照明って、

まわりの明るさによって自動的に調整されているのはご存じですか?

夜、暗い部屋では、少しの照明でも画面は十分明るく見えるので20%くらい、

反対に天気の良い屋外では、暗いと感じないところまで照明を上げると80%くらい、

このパーセンテージはあくまで例ですが、

暗くなく明るすぎない、ちょうどよい明るさと感じる照明の度合いは

まわりの明るさや目の瞳孔のひらき具合によって変わります。

 

もう一つ、室温もわかりやすい例です。

同じ23℃の設定でも、冬場はあたたかく感じますが夏場は冷えすぎると感じます。

外の気温との差や、身につけている服のちがい、

季節に合わせて起こるからだの変化もあって、

ちょうどよいと感じる室温はいつも同じ温度ではありません。

また、男性と女性でもからだの熱エネルギーをつくる筋肉量や脂肪率によって

暑い寒いの感覚がちがうので、家庭や職場ではよく空調の温度設定で揉めたりしますよね。

 

このように、バランスがとれている状態というのは

常に一定の数値や同じ状態で説明できるものではなく、

その時々、環境、その人の状態によってそれぞれにあるのが当然です。

 

一般的に勧められていることや他の人にとって良いことが、

あなたにとっても良いとは限りません。

また、以前やっていてよかったことが、

年齢を重ねた今のからだにも同じように良いとも限りません。

 

さまざまな情報やこれまでの経験は参考にはしても鵜呑みにせず、

「取り入れる前と後でどう変わったかな?

 今のわたしにとって合っているものかな?

 心地よくいるために本当に必要かな?」と観察してみてください。

 

手帳にちょっとメモをするでもよし、

定期的に合う友達と毎回話題にするでもよし。

そうやってときどき客観的に見てみると、

必要でないものを惰性的な習慣や半分義務感で取り入れていたり、

そのために本当に欲しているものを取り入れる余裕をなくしていたり、

という自分の姿に気づくかもしれません。

 

時間の使い方や人付き合い、仕事やプライベートで関わっていることも、

ときどき立ち止まって見直し&ちょっと手直ししてみると、

こころすっきり、なんだか重たかったからだもかろやかに動き出す、

そんなことってよくありますよね。

 

食べることも同じです。

ときどき観察してちょっと見直し手直し、心がけてみてくださいね。

その小さな積み重ねこそ、日々のすこやかな笑顔につながります。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Copyright © shioneya All Rights Reserved.