profile

長い人生のそれぞれのステージで、

何に重きを置いて、どこで、だれと、

どんな働き方、暮らし方をしながら生きていくのか。

そのあり方は一世代前、

ある程度のモデルがあった頃と比べてはるかに多様化しています。

地縁・血縁・終身雇用の企業文化など

かつて生涯にわたって人を支え守り

時には縛ってきた関係性が大きく変容してきている今、

どのように自分の道を歩んでいくか

その選択は今や私たち自身一人一人に委ねられています。

時代に突きつけられた難しい問題として取り上げられる場面が多いですが、

問題として捉えるより、

最後まで、すこやかに、自分らしく

よりのびやかな生き方をそれぞれの意思でつくっていく方法を探っていける、

そんな可能性を秘めた時に私たちは立っているのだと思います。

その鍵となるのは、

多様な生き方を通して自分とは異なる価値観をもち、

さまざまな立場や段階にある他者と

柔らかにかかわり、おたがいに補いあっていく知恵。

その糸口はだれにとっても欠かせない「食べること」です。

この日々何気なく繰り返されている、

いつの時代も人と人との間を自然につないできました。

さまざまなライフステージにある多世代がともに暮らし、

多様な文化を互いに学び合うことから、

一人一人が生涯を通してより自分らしく、すこやかに生き、

また次の世代により良いものをつないでいく道を探っていく。

集った人みんなでつくり一緒に食べる、

あなたの、わたしの、もう一つの食卓をつくるところから

これからの生き方を一緒に考えていきたいと思います。

大阪外国語大学卒業後、

化学品メーカーやスクール等に勤め、

多忙で食べることに時間を割けなかった時期を経て、

何気なくくりかえしてきた日々の食が

自分自身をつくり支えてきたことに気づき、

さまざまな人と一緒にごはんをつくり

一期一会の食卓を囲む会「ごちそうじかん」をはじめる。

過渡期を生きる世代として

多世代・多文化の共生に可能性を見出しながら

食べることを通して

人と人、そして自分自身との関係が

より柔らかくすこやかなものになっていくきっかけを

日常の中につくっている。

中国伝統医学に基づく薬膳・食養生について勉強中。

日々に取り入れるきっかけづくりも進めている。

神戸生まれ秋田育ち。

​contact

2日以内に返信がない場合は

迷惑メールフォルダをご確認の上

​ 再度送信してください。

​shioneya@gmail.com

汐音屋 山崎ちひろ

Copyright © shioneya All Rights Reserved.