大人になってしまったあなたに

 守られる側から大人になり、広い世界に出て一人でいくつもの役割や責任を負う立場になって、一人前に担える自分を思い描き努力を重ねる。

 けれど今や、誰もが自分の役割やできることを真っ当にやってさえいれば安心して暮らせる時代は過ぎ、世の中が求める大人、社会人や親としての「一人前」像はずっと立派なもの、どんな人ともそつなく付き合い、あれもこれもうまくこなせて当たり前、自己責任だよ大人なんだからという風潮に寄る辺をなくしてしまうこともあります。

 耐過重を超えたこころがポキっと折れ、笑顔が消えてふつうにできていたことさえできなくなり、悲鳴をあげたからだが十分に回復するまでに長い長い時間を要する人たちを、私は幼い頃から身近なところでたくさん見てきましたし、私自身もその一人でした。

 守られる側から守り支える側、つくってもらう側からつくる側に立つ大人こそ一人で立つのではなく、それぞれちがう立場や経験から「おたがいさま」で無理なく楽しくできることでそっと寄り添い支え合う、元に戻れないところまで壊れてしまう前に抱えなくていいものをそっと逃す、そんな機会や環境が誰の日々の中にも当たり前にあってほしい。

 その糸口は、いつの時代も人と人との間を自然につないできた「食べること」、日々何気なく繰り返されている、誰にとっても欠かせないことです。

 人と人、そして自分自身との関わりに風を通し、柔らかくすこやかなものに育てていけるよう、いたわりとやさしさをキッチンや食卓に持ち寄って、ささやかな時間を一緒に穏やかに重ねていきたいと思います。

汐音屋 山崎ちひろ

日々のこと

on Instagram @shioneya

  • Grey Instagram Icon

profile

大阪外国語大学卒業後、

化学品メーカーやスクール等に勤め、

多忙で食べることに時間を割けなかった時期を経て、

何気なくくりかえしてきた日々の食が

自分自身をつくり支えてきたことに気づき、

さまざまな人と一緒にごはんをつくり

一期一会の食卓を囲む会「ごちそうじかん」をはじめる。

過渡期を生きる世代として

多世代・多文化の共生に可能性を見出しながら

食べることを通して

人と人、そして自分自身との関係が

より柔らかくすこやかなものになっていくきっかけを

日常の中につくっている。

自然の摂理をすこやかに生きる知恵とする

中国伝統医学に基づく薬膳・食養生について勉強中。

薬膳インストラクターとして

日々に取り入れるきっかけづくりも進めている。

神戸生まれ 秋田育ち。

​contact

​shioneya@gmail.com

2日以内に返信がない場合は

迷惑メールフォルダをご確認の上

​ 再度送信してください。

PCで閲覧されている方は

contactページにてご入力ください。

Copyright © shioneya All Rights Reserved.